ほうれい腺改善にはヒアルロン酸注入も一時的ですが効果があります

コラーゲンと同じくヒアルロン酸があります。
このヒアルロン酸もほうれい線に大きく影響を与えているようですよ。
知っていますか。
ヒアルロン酸はとても保湿力が高いと言います。
そしてシワができるのを防いでくれます。
(笑顔)しかし、コラーゲンと同様で、ヒアルロン酸の保湿力も加齢と共に低下するそうです。
(汗)ヒアルロン酸を代わりに食べ物で摂取しようと思いますよね。
ですから、加齢と共に肌が乾燥してしまいます。
そして潤いがなくなっていくのです。
(涙)コラーゲンと同様でヒアルロン酸を真皮に直接注入すると言う方法になります。
ほうれい線の溝の部分にヒアルロン酸を注入します。
そして、ほうれい線が目立たなくなります。
(笑顔)※コラーゲンの場合よりヒアルロン酸を注入する方がアレルギーは起こりにくと言います。
また持続効果もヒアルロン酸の方が少し長いと言います。
※一年間効果があるそうです。
当たり前の事ですが、一年程度経って効果がきれた時、再びヒアルロン酸を注入しなければなりません。
「ボトックス」これによって神経を麻痺させます。
具体的に言うと、シワを作りだす原因の表情筋を麻痺させるのです。
※効果は半年程度になります。
表情を作る時にでるシワには効果が高いですが、ほうれい線については劇的な効果があるわけではないようですね。
(汗)あくまでもこういった選択肢もあるということですね。
ですから、知識として知っておいてくださいね。
(笑顔)