住宅ローンを申し込もうと思ったらどうするの?

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン相談審査の違いは特別大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローン相談です。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。

住宅ローン繰り上げ返済のデメリットは?【シミュレーションで分析!】