海外旅行について

近年では、海外旅行をする人が多くなっていますよね。
昔は海外旅行と言うと、いわゆる高嶺の花だったと思います。
その歴史を紐解いていきましょう。
そうすると、1800年代にまで遡ります。
海外へ渡った日本人は、それ以前にも数多くいました。
しかし、旅行目的で日本を飛び出したのは、あの「ジョン万次郎」が最初と言います。
そのように言われています。
ですから、この時に海外旅行と言う定義が生まれたと言っても良いと思います。
それ以降は、戦争を経た日本と言うと徐々に国際化を進めていきます。
そして、その過程の中、旅行先がワールドワイドな方向へと向いくようになります。
この年に開催された東京オリンピックになります。
(笑顔)そして、その影響で海外旅行が一気に普及していくことにもなります。
(笑顔)。
~とは言っても、この時期は、まだ「海外旅行」=「富裕層の娯楽」と言う図式のままでした。
(涙)。
そのため、海外旅行の基礎知識も普及しなかったと言えます。
(笑顔)それで1970年代になると徐々に費用が控えめになります。
そして、一般人でもどうにか手が届くようになってきます。
(笑顔)これによって海外旅行に関する基礎知識も徐々に浸透してくることになります。
ここから旅行目的で日本を出る一般人も増えていきます。
そして、1980年代後半になると一気に円高が進行します。
それによって、アメリカ訪問時のビザ免除制度も生まれます。
急激に海外旅行は普及していくことになりました。
ここからが海外旅行時代の幕開けとなります。