アコムで借りたいけど銀行のほうがいいの?

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行のアコムのカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやアコムのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融アコムのアコムのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のアコムのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融アコムの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融のアコムのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのアコムのカードローンです。

一方、消費者金融のアコムのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行と比較すると、消費者金融のアコムのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融アコムより高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

参考:アコム審査時間長い?ネット・むじんくん比較【最速は?】